湿式工法、バスク工法の日丸産業(株)  ログイン
ジョイント・Vの施工手順
2013/2/4 16:56 投稿者: nichimaru (記事一覧) [ 12284hit ]

ジョイント・Vの施工手順

 

1. 下地材ごとに下処理をします。

コンクリート
モルタル
(内・外)
浮きの有無を確認し、清掃を行ってください。
(モルタル養生2週間以上)

プラスターボード
(内部)
12.5mm以上
12.5㎜以上を使用し、ジョイント部分は5㎜目透し・レンガ貼り・貼り付けにはビスを使用し、ビスピッチ150㎜以内で止めてください。
吹き抜け部分や一辺が10mを超える壁面は、PB2重貼りで弊社下地処理材ジョイント・V4㎜塗厚で施工してください。

セメント平板
ケイカル板
12mm以上

12㎜以上を使用し、ジョイント部分は5㎜目透し・レンガ貼り・ビスピッチ150㎜以内に止めてください。
上記の下地材を外壁に使用する場合は、12㎜厚以上を二重貼りで施工して下さい。 (無塗装板を使用し、弊社商品使用前日までに止水処理を行って下さい)

耐水合板
構造用合板
(内・外)
12mm以上
12㎜以上を使用し、ジョイント部分は5㎜目透し・レンガ貼り・ビスピッチ150㎜以内に止めてください。
上記の下地材を外壁に使用する場合は、12㎜厚以上を二重貼りで施工して下さい。 (仕上げ材によっては前日までにアク止めを行ってください)

ALC(内・外)
誘発目地必要
ALC厚100
パワーボード等
 
粉やほこり等を確認し、清掃を行ってください。

 

2. 下塗材(16kg)から樹脂(4L)と粉体(12kg)を入れます。

 

3. 3分間撹拌します。混練後固い場合は、清水で調整してください。

 

4. 目地に詰め込みます。

 

5. 継手ネット(スーパーネット)を張り付けます。

 

6. 下塗り2mm塗厚します。

 

7. 4mm塗厚し、キリ吹を金ゴテで押さえます。

標準配合と使用量 

種類/荷姿 ジョイント・V(下塗用)(中塗用)  16kg/箱
調合比 特殊粉体12kg + 混和液4kg
施工用具 ハンドマゼラー(マザール)   各種コテ
下地の種類と
使用量
(パターンにより塗面積は変わります)
コンクリート 塗厚:2㎜  塗面積:約8m2
モンタル 塗厚:2㎜  塗面積:約8m2
プラスターボード(12.5㎜以上) 塗厚:2㎜  塗面積:約6~7m2
ケイカル板(12㎜以上) 塗厚:2㎜  塗面積:約6~7m2
耐水合板(12㎜以上) 塗厚:2㎜  塗面積:約6~7m2
構造用合板(12㎜以上) 塗厚:2㎜  塗面積:約6~7m2
ALC 塗厚:2㎜  塗面積:約6~7m2

※但し、施工の仕方によっては、スーパーSモル「ジョイント・V」の能力が発揮出来ない場合がありますので、事前にお電話でお問い合わせ下さい。

◆注意事項◆
湿気の少ない場所で保管して下さい。
本品は工場生産によるプレミックスタイプですので、他の材料との混入は絶対に避けて下さい。 
仕様及び価格については予告なく変更する場合があります。
気温が3°C以下になる場合は、施工は避けて下さい。

 

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 21  件):     1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 21    

資料請求はこちら

製品一覧

下地の種類

日丸オリジナル工法

施工実績一覧表

雑誌掲載情報

熊本大学 重石准教授の研究