湿式工法、バスク工法の日丸産業(株)  ログイン
ファインウォール・デコの特徴
2013/2/3 7:47 投稿者: nichimaru (記事一覧) [ 30771hit ]

ファインウォール・デコの特徴

  • 美観、質感、耐久性に優れ仕上がりが上質です。
  • ひび割れ、浮き防止の性能面も強化した仕上材です。
  • 体に優しい刺激臭のない内装塗り壁を提供します。
  • 住環境にあったカラーバリエーションが選べます。

 

塗装とは違う、左官へのこだわり

伝統ある左官の技術は、水で練るところから始まります。
その土地の気温や湿度に合わせ、加減をしながら練っていきます。
丹念に練りこまれた漆喰をコテで塗り、壁を作ります。
手で塗るからこそ、高級感やぬくもりを表現することができるのです。

自然の持っている素材の良さを、人の手で壁に仕上げるのが左官です。

 

見事なまでの美しさ

目地のない一面の白壁、和風にも洋風にも変化する漆喰は、際立った美しさで高級感・存在感にあふれます。
ファインウォール・デコの景観は、住まう人を豊かに表現します。

 

豊富なカラーバリエーション

標準配合

下塗りと上塗りで使用します。

種類/荷姿 ≪下塗材≫ ファインウォール・デコ 16kg/箱入 色:グレー
≪上塗材≫ ファインウォール・デコ 16kg/箱入 ベース基材色:6色 顔料着色:8色
調合比 ≪下塗材≫ 特殊粉体12kg+混和液4kg(容器入)
≪上塗材≫ 特殊粉体15kg+混和液1kg+清水9L
使用量 ≪下塗材≫ 塗厚2mm  塗面積 約8m2
≪上塗材≫ 塗厚2mm  塗面積 約10m2
※下地の種類やパターンにより塗面積(使用量)は変わります。
施工用具 ハンドマゼラー(マザール) 各種コテ・ハサミ(霧吹等)
仕上げの種類 平滑面からラフ面まで自由な仕上げ

※外壁に使用の場合、中塗材としてジョイント・Vを使用して下さい。(内壁4m/m工法 外壁6m/m工法)

>>下地の種類はこちら

◆注意事項◆
湿気の少ない場所で保管して下さい。
本品は工場生産によるプレミックスタイプですので、他の材料との混入は絶対に避けて下さい。 
仕様及び価格については予告なく変更する場合があります。
気温が3°C以下になる場合は、施工は避けて下さい。

 ファインウォール・デコの施工実績はこちら

 

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 21  件):     1 ..  15  16  17  18  19  20  21    

資料請求はこちら

製品一覧

下地の種類

日丸オリジナル工法

施工実績一覧表

雑誌掲載情報

熊本大学 重石准教授の研究